「その時」はいつも突然やってくるw

f0119698_233820100.jpg







昨日は息子が、某アーティストの
LIVEで子猫の着ぐるみで
踊ってきました(⌒-⌒)










LIVEはもちろん夜からなんだけど
出来の悪い息子のせいで、子猫ダンサーズは朝の10時入り。
着ぐるみを着て、何度も何度も練習!
腕が上がってない!顔を上にあげて!元気がない!などなど、ここまで来ても踊れないw
リハでは、当然アーティスト本人からのダメだしをくらい、先生にも胃の痛いおもいをさせ
途中、踊れないのなら目黒へ帰れ!とまで言われたけど
本人は、絶対に踊る!と歯を食いしばり、何とか本番を踊りきりました。
私は、息子の出番が来るまで、客席の後ろでドキドキそわそわ。
息子がステージに出て来た時には、一緒に振りをやってる自分がいました(笑)

出来はどうであれ、あれだけ滅茶苦茶に言われても諦めずにやり切った息子には
いい経験になったと思うな。正直、途中で投げ出すかな?とも思ったし。
日頃から真面目に練習してなかった報いも痛い程味わったし
でも、一万人の前で踊ったという自信もついたと思うし・・・ね。

で、息子の出番が終わって、楽屋に戻った私の所にパパがやってきて
(パパはそのLIVEをゲスト席で見ていた)
「自分の席の前に○○ちゃんが居るよ」と・・・!!!!
その○○ちゃんとは、私が10年以上もリスペクトし憧れ続けてるアーティスト!
「うっそぉ〜〜〜ん!!」
ドキドキしながらパパに着いて行って、○○ちゃんの後ろの席にすわりました♥
1m以内に彼が居る!手を伸ばしたら届く所に彼が居る!!!
終始ステージではなく彼の後ろ姿を見つめていた私にパパは
「ストーカーみたいw」と呆れてました(^^;)
アンコールの手前で彼は席を立ったので、責めてお顔を〜〜っと思ったんだけど
何と、サングラス&マスク!!!(顔が見えないじゃん。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。)残念!
彼が帰ったあと、私も息子たちが居る楽屋に戻りました。

LIVEも終わり、息子たちがアーティストやバンドの皆さん、ダンサーの皆さんに
ご挨拶に行ってる間、他のママたちとお喋りしながら時間を過ごし
夜中の12時頃、息子たちがやっと楽屋に帰って来たので
さ、帰りましょう!と楽屋を出て出口に向かって歩いていたら・・・
前方に見覚えのある、黒い服。サングラス。マスク。
もう帰ったと思っていた彼が、スタッフの方や他のアーティストの方と一緒に
今、まさに、目の前を歩いていたのです!!
ぎぇ〜〜〜〜〜っ!!○○ちゃん!!!(ここは当然、心の叫び)
私が「○○ちゃんだ!」と言ったので、一緒に居たdenちゃんと子供たちが
足早に彼の後を追い掛けました(って言っても出口は一緒)
そして、彼が車に乗り込む前に、denちゃんが
「○○さんですか?お疲れさまです」と声を掛けてくれて
「この子たち、今日のLIVEの子猫ダンサーズです」と話しかけたら
周りの人たちも、フレンドリーに「まぁ〜♥かわいい」と言って下さり
denちゃん、子供たちが次々に彼と握手。
彼は子供たちに「よく頑張ったね」と優しく言ってくれました〜〜〜(><)
そして、denちゃんが次は私の番という感じで、後ろから私の背中を押してくれたんだけど
息子が握手した後、彼とサングラス越しに目が合ってしまって
もうそれだけで身動きひとつ出来ず、頭を下げるのが精一杯。
握手どころか、一歩も動けませんでした・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
そして彼は車に乗り込んで去っていきました。
彼が去ったあと、急に力が抜け、へなへな状態。その上、手には汗が(爆)
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!
何で、この足は一歩も前に進まなかったんだろう!!!!!
折角、denちゃんがきっかけを作ってくれたのに
もしかしたら、もう二度と「その時」はないかもしれないのに!

ステージに立つ前の息子にはえらそうな事を散々言っておきながら
いざと言う時、全く意気地のない私。帰りのタクシーの中は相当凹みましたw
息子の右手には、彼の匂いが残っていて「いい匂い♪」と息子は満面の笑み。
(ずるいゾ★息子!)
今日は私の人生の中で、一番忘れられない日になりそうですw
いつもいつも「その時」は突然、予期せぬ形で私にやってくるのでした(_ _。)・・・
f0119698_039989.jpg

[PR]
by playmoon | 2009-07-05 23:42 | Diary
<< またやってしまったw ダブルレインボウ >>